その他について。受験やテスト対策など、世界史の学習に使える辞典です。

その他記事一覧

尼港事件

尼港事件とは、1920年にロシアのニコラエフスクで起こった赤軍パルチザンによる大規模な住民虐殺事件のこと。尼港とは、ニコラエフスクの「ニ」をとった名前。ニコラエフスクは港町。当時ロシア白軍と日本軍の統治下にあったニコラエフスクだが、攻撃してきたパルチザン部隊は約4,000名に対して、守備隊は数百名。...

≫続きを読む

 

アカデメイア

古代ギリシアのアテナイ郊外にあった学園。プラトンが設立。英雄アカデモスを祀る地域に建てられた。算術・幾何学・天文学等を主に教えていた。その他、問答法等の哲学をはじめ、将来の統治者として相応しい人間を育てることを目標としていた。英語のアカデミー(academy)の語源。

≫続きを読む

 

アケメネス朝ペルシア

アケメネスを始祖とする古代ペルシアの王朝。キュロス2世が前550年にメディアを滅ぼして独立し、リディア・カルデアを滅ぼして領土を拡大した。↑キュロス2世。大キュロスとも呼ばれた。次のカンビュセス2世はエジプトを征服し。全オリエントを統一した。さらに、ダレイオス1世時代には、東はインダス川流域から西は...

≫続きを読む

 

イェニチェリ

オスマン帝国の歩兵部隊。16世紀までのオスマン帝国の拡大に大いに貢献した。派手な飾り物と鉄砲を装備。イェニチェリの成り立ち14世紀後半、トルコ系騎兵部隊ではない、君主直属の部隊として編成された。戦争捕虜のキリスト教徒を中心とする奴隷軍だったが、15世紀に優秀なキリスト教徒の子弟を集めてイスラム教に改...

≫続きを読む

 

アンシャン・レジーム

旧制度と呼ばれる、フランス革命前の社会制度。ブルボン朝、特に16〜18世紀の絶対王政期のフランスの社会・政治体制。当時、聖職者・貴族の封建的な特権は、絶対王政によって支えられていた。官職を買収することができ、平民出身でも貴族となることができた。法院の判事などの「法服貴族」もいた。身分制第一身分…聖職...

≫続きを読む

 

グーテンベルク

14世紀のドイツ出身の金属加工職人で、活版印刷の発明者として有名。生没1398年頃 - 1468年所属国神聖ローマ帝国生い立ちマインツで生まれる。父は教会の造幣所で働いており、幼い頃から金取引を見ながら育った。マインツでは市民と貴族の間で抗争が繰り広げられており、何度もエルトフィレ・アム・ラインに避...

≫続きを読む

 

カノッサの屈辱

聖職叙任権を巡って、教皇グレゴリウス7世に破門された神聖ローマ帝国皇帝 ハインリヒ4世が、カノッサ城(北イタリア)にて、許しを請い、破門を解除された事件。ハインリヒ4世は、雪の中、カノッサ城門にて裸足のまま断食と祈りを続けた。事件は、1077年1月25日から3日間に渡る。カノッサの屈辱の概要・背景ハ...

≫続きを読む

 

重装歩兵

鎧・兜・甲冑等で全身を固めた兵種。古代から世界各地で存在していた。戦列の先頭で陣形を維持するのが主な役割。騎兵・弓兵と協力して、陣形を維持しつつ敵陣形の破壊を目指す。重装歩兵の陣形では、古代バビロニア・マケドニア等で用いられたファランクスが有名。古代ギリシアの重装歩兵古代ギリシアにおいては、アテネの...

≫続きを読む

 

サンキュロット

フランス語で「キュロットをはかないひと」という意味。フランス革命の推進力となった社会階層。主に手工業者、職人、小店主、賃金労働者などの無産市民を指す。当時のパリでは貧困層。ボワイユ作(1792年)『サン・キュロットの扮装をした歌手シュナール』

≫続きを読む

 

ミシェル・ネイ

ナポレオン戦争で活躍したフランスの軍人。ナポレオンの側近で、「勇者の中の勇者」と言われた。武人としての勇猛果敢さと、気前の良い実直な人柄から、将兵から絶大な人気を誇った。フランス語・ドイツ語を流暢に話す上、命令書の筆跡は達筆だった。また、フルートやクラリネットも演奏し、チェスの名手とも言われ、多芸に...

≫続きを読む

 

絶対王政

王が絶対的な権力を行使する政治形態で、絶対主義や絶対君主制ともよばれる。王が強大な権力を持って中央集権化を図り、中央官僚と常備軍によって国家統一を成し遂げた時代に特徴的であった政治形態。マルクス主義においては封建主義社会から資本主義社会への過渡期に現れたと位置づけられる。王権神授説フランスの神学者ボ...

≫続きを読む

 

戦列歩兵

17〜19世紀のヨーロッパで運用された歩兵の兵科。主にマスケット銃等を装備し、歩兵部隊の中核をなす。訓練が簡単だったことから、各国で幅広く用いられた。戦い方軍楽のリズムに合わせてて敵部隊へ向けて行進敵部隊前まで到着したら停止マスケット銃を一斉射撃弾を装填※敵陣が乱れたら銃剣を着装白兵戦開始敵が敗走す...

≫続きを読む

 

ソクラテス

古代ギリシャの哲学者。プラトンの師匠。 「無知の知」、「知徳合一」等、現在にも残る概念や、名言を多数残した。生没前384年 - 前322年知徳合一とは「知が備わっていないと、徳に至らない」という考え方。簡単に言うと、「知識がないと、行動に移せない」ということ。無知の知自分は何も知らないということを自...

≫続きを読む

 

プラトン

プラトンとはソクラテスの弟子であり、アリストテレスの師匠。 ソクラテス、アリストテレスと共に、古代ギリシアの大哲学者として知られる。プラトン。ラファエロ作『アテナイの学堂』より。政治家を志したが、ソクラテスが死刑にされたことを期に現実の政治から遠ざかり、哲学と政治の統合を模索する。 同士を求め、アカ...

≫続きを読む

 

ペリクレス

ペリクレスとはアテネの政治家。サラミスの海戦で活躍した無産市民の民会への参加を実現。生没紀元前495年? - 紀元前429年

≫続きを読む

 

ボシュエ

ボシュエとはフランスのキリスト教聖職者・神学者。フランス教会の独立を擁護。ルイ14世の宮廷説教師。専制政治と王権神授説を支持。ボシュエ司教像、イアサント・リゴー画、ルーヴル美術館蔵生没1627年9月27日 - 1704年4月12日著作世界史叙説(1685年)……国王の人格は神聖であり、逆らうことは神...

≫続きを読む

 

マルクス=アウレリウス=アントニヌス

ルクス=アウレリウス=アントニヌスとは五賢帝の最後の一人で、第16代ローマ皇帝。在位期間は、161年〜180年。 ストア派の哲学者で、「哲人皇帝」と呼ばれた。略年表121年 ローマにて出生161年 皇帝即位・パルティア戦争168年 第一次マルコマンニ戦争175年 ガイウス・アウィディウス・カッシウス...

≫続きを読む

 

未回収のイタリア

未回収のイタリアとは1870年のイタリア統一後、イタリア人居住地域で未回収の地域のこと。チロル・トリエント・イストリア・トリエステ等のオーストリア領地。第一次大戦後のイタリア王国

≫続きを読む

 

夜警

夜警とは1642年に制作された絵画作品。オランダの画家であるレンブラント作。夜警という作品タイトルは通称で、『フランス・バニング・コック隊長とウィレム・ファン・ラウテンブルフ副隊長の市民隊』が、適切なタイトルとされる。夜警

≫続きを読む

 

唯物史観

唯物史観とは歴史の発展法則を、弁証法的唯物論の立場から解明する考え方。「唯物論的歴史観」の略。「史的唯物論」とも呼ばれる。人間社会の発展法則を、無階級社会から階級社会へ、階級社会から無階級社会へと、生産力の発展に応じて生産関係が移行していくと考えた。生産力と生産関係の矛盾から生じる階級闘争(=革命)...

≫続きを読む

 

ラオコーン像

ラオコーン像とはヘレニズム期を代表する彫刻で、ローマ時代の模倣とされる。トロヤの神官ラオコーンが、2人の息子と共に海蛇に巻き付かれている情景を彫刻にした作品。作者は、ロドス島出身のアゲサンドロス、アテノドロス、ポリュドロスの三人の彫刻家。ラオコーン像

≫続きを読む

 

ワーテルローの戦い

ワーテルローの戦いとはナポレオン率いるフランス軍とイギリス・プロイセン・オランダの三カ国連合軍が衝突した戦い。ナポレオンは完敗し、最後の戦いとなった。1815年6月。概略1815年にナポレオンはエルバ島より帰還し、皇帝へと返り咲く。第七次対仏大同盟の体制を整えられる前に、先制攻撃を仕掛けるべく、フラ...

≫続きを読む

 

アリストテレス

プラトンの弟子。ソクラテス、プラトンと並ぶ古代ギリシアの大哲学者。アカデメイアでプラトンに学んだ後、マケドニアのフィリッポス2世に招かれて、王子アレクサンドロス(後のアレクサンドロス大王)の師傅を務めた。アリストテレスは弁論術、文学、科学、医学、哲学等幅広い学問を教えた。アレクサンドロスが王に即位し...

≫続きを読む