世界史の学習に使える辞典です。受験やテスト対策にお使い下さい。

太陰暦

月の満ち欠けの周期を基準とする暦。
シュメールに始まり、現在ではイスラーム世界でのみ使用されている。

 

純太陰暦は、1年が354日となるため、季節に合わなくなる。

 

季節のずれを補正するために、閏月を挿入した暦で、太陰太陽暦というものもある。

 

Sponsored Link

関連ページ

楔形文字
世界史の用語辞典です。人物・地名等、世界史に関する用語を幅広く解説。
神聖文字
世界史の用語辞典です。人物・地名等、世界史に関する用語を幅広く解説。
パピルス
世界史の用語辞典です。人物・地名等、世界史に関する用語を幅広く解説。
アラム人
世界史の用語辞典です。人物・地名等、世界史に関する用語を幅広く解説。
フェニキア人
世界史の用語辞典です。人物・地名等、世界史に関する用語を幅広く解説。
ヘブライ人
世界史の用語辞典です。人物・地名等、世界史に関する用語を幅広く解説。
ユダヤ教
世界史の用語辞典です。人物・地名等、世界史に関する用語を幅広く解説。
六十進法
世界史の用語辞典です。人物・地名等、世界史に関する用語を幅広く解説。
アムル人
世界史の用語辞典です。人物・地名等、世界史に関する用語を幅広く解説。