六十進法について。受験やテスト対策など、世界史の学習に使える辞典です。

六十進法

六十進法とは

60を底とする(=桁が上がる)記数法。
シュメール人が発明。天文上円周分割から始まり、角度・時間の単位となった。
バビロニアでも六十進法が用いられた。

 

Sponsored Link

関連ページ

楔形文字
世界史の用語辞典です。人物・地名等、世界史に関する用語を幅広く解説。
太陰暦
世界史の用語辞典です。人物・地名等、世界史に関する用語を幅広く解説。
神聖文字
世界史の用語辞典です。人物・地名等、世界史に関する用語を幅広く解説。
パピルス
世界史の用語辞典です。人物・地名等、世界史に関する用語を幅広く解説。
アラム人
世界史の用語辞典です。人物・地名等、世界史に関する用語を幅広く解説。
フェニキア人
世界史の用語辞典です。人物・地名等、世界史に関する用語を幅広く解説。
ヘブライ人
世界史の用語辞典です。人物・地名等、世界史に関する用語を幅広く解説。
ユダヤ教
世界史の用語辞典です。人物・地名等、世界史に関する用語を幅広く解説。
アムル人
世界史の用語辞典です。人物・地名等、世界史に関する用語を幅広く解説。