古代オリエント世界の概要について。受験やテスト対策など、世界史の学習に使える辞典です。

古代オリエントの世界の概要

人類文明発祥の地 メソポタミア

 

オリエントは人類文明発祥の地。
メソポタミアエジプトでは、大規模な灌漑農業を基盤とした高度な都市文明が発展した。
周辺地域からセム語系や、インド=ヨーロッパ語系の民族が国家の興亡を繰り返した。

 

メソポタミアでは、様々な文化が混じり合い、多くの文化が生まれた。
代表的なものは以下の通り。

 

Sponsored Link

 

ナイル川とエジプトの発展

一方、ナイル川流域のエジプトでは、周辺民族の侵入は少なく、
エジプト語系民族の文明が長期にわたり発展。
文化的には、代表的に以下のものが発達した。

 

シリア・パレスチナ地方の発展

地中海沿岸のシリア・パレスチナ地方では、
セム語系民族のアラム人・フェニキア人・ヘブライ人が活動していた。

 

  • アラム人…内陸商業に従事。
  • フェニキア人…地中海貿易を行う。フェニキア人の使用した文字から各地の文字体系が作られた。
  • ヘブライ人…一神教であるユダヤ教を生み出した。ユダヤ教はキリスト教イスラム教のもとになった。

 

これらのオリエント世界は、前7世紀にアッシリアに、その後、アケメネス朝に統一され、
アレクサンドロス大王による一大帝国が築かれた。
領域は西はエジプトから東はインドに迫った。

 

Sponsored Link

 

帝国の興亡

その後アレクサンドロス帝国は分裂し、各地に新たな国が生まれた。
西アジアでは、ギリシア系のセレウコス朝シリア、バクトリアが台頭。
さらにイラン系のパルティアも興り、東西交易の利益を独占して繁栄。
そのパルティアを倒して成立したササン朝ペルシアは、ゾロアスター教を国教と定め、
イランの文化的伝統の復活を目指すとともに、インドやギリシア・ローマ文化の影響をうけ、
高度な国際的文化を形成。その文化は7世紀以後のイスラム文化にも影響を与えた。

 

ギリシアとヘレニズム文化

地中海世界では、オリエント文化の影響を受け、前2000年頃より強大な王権をもつエーゲ文明が興った。
その崩壊後、ギリシアではポリスと呼ばれる都市国家が発達し、前5世紀にはアテネに民主政が生まれた。
ギリシア人はオリエントと異なる人間中心の合理的な文化を生み出した。
多数興ったポリスは、相互対立を経て衰退し、アレクサンドロス大王の遠征により、力を失った。
その過程で、オリエントに伝えられたギリシア文化はヘレニズム文化として発展した。

 

ローマの発展

前6世紀末イタリア半島の中心部にローマが興った。
ローマは共和政のもとで積極的に征服・植民活動を行い、
法や土木建築など現代に通ずる実用的な文化を発達させた。

 

ローマは前1世紀には帝政を採用。地中海を支配し、大帝国を建設した。
この統治のもとで発達した法律と、その後4世紀にローマの国教となったキリスト教は、
ローマが後世に残した最大の遺産である。

 

前回・次回の記事

氷河期以降の人類の発展_世界史マスター辞典 古代オリエントの世界_世界史マスター辞典

 

Sponsored Link

古代オリエント世界の概要記事一覧

楔形文字

紀元前3000年頃に、シュメール人が絵文字から作った文字。古代オリエントでアケメネス朝の滅亡まで3000年に渡って使われた。粘土板に葦の茎や金属の先端で押し付けるようにして描かれたため、一つ一つの文字が楔のような形をしている。神官や書記が祭祀・法律・歴史等を書くのに用いた。古代エジプトの神聖文字と並...

≫続きを読む

 

太陰暦

月の満ち欠けの周期を基準とする暦。シュメールに始まり、現在ではイスラーム世界でのみ使用されている。純太陰暦は、1年が354日となるため、季節に合わなくなる。季節のずれを補正するために、閏月を挿入した暦で、太陰太陽暦というものもある。

≫続きを読む

 

神聖文字

絵文字から発達したエジプト最初の文字。使用開始時期は不明。ヒエログリフとも呼ばれる象形文字。19世紀に、フランスのシャンポリオンがロゼッタ・ストーンを解読したことにより、読解が可能になった。(C)ChrisO転載元:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%...

≫続きを読む

 

パピルス

ナイル川流域の湿地帯に生えたカヤツリグサ科の多年生植物。古代エジプトでは、茎を立てに裂き、開いたものを貼りあわせて、乾燥させて、紙として使用した。プラトンの著作を記した写本。カミガヤツリ。(C)tato grasso転載元:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95...

≫続きを読む

 

アラム人

セム系遊牧民。前12〜前8世紀シリアを中心に多くの小王国を形成。シリア砂漠などの中継貿易で活躍した。前8世紀にアッシリアに服属。アラム人は、ラクダを使ってシリア砂漠などを中心に隊商貿易を行った。そして古代オリエント世界に商業語としての古代アラム語を定着させた。また、シリア沿岸部のフェニキア人が用いて...

≫続きを読む

 

フェニキア人

フェニキア人とはセム系民族。 フェニキア人は、エジプトやバビロニアなどの、古代国家の狭間にあたる地域(現在のレバノン付近)に居住していた。その影響から文明化し、紀元前15世紀頃から都市国家を形成し、レバノン付近の海岸に多くの都市国家を建設。前12世紀頃から地中海交易を独占した。活動領域は、黒海や紅海...

≫続きを読む

 

ヘブライ人

ヘブライ人とは農業や牧畜を生業としたセム系遊牧民族。ヘブライ人は、ユーフラテス川上流で遊牧生活を送っていたが、前1500年頃にパレスチナに移住・定着した。一部はエジプトに移るものの、前13世紀頃モーセに率いられてエジプトを脱出。パレスチナに戻った。その後、前1000年頃ヘブライ王国を建設したが、王国...

≫続きを読む

 

ユダヤ教

ユダヤ教とはユダヤ人の民族宗教。ヤハウェを唯一神とする一神教。『旧約聖書』を聖典とし、選民思想・戒律主義・メシア信仰を特色とする。最後の審判や天使・悪魔の思想にはゾロアスター教の影響がみられ、後のキリスト教・イスラム教の成立に影響を与えた。ダビデの星(ユダヤ教の象徴)選民思想とは唯一神ヤハウェとの契...

≫続きを読む

 

六十進法

六十進法とは60を底とする(=桁が上がる)記数法。シュメール人が発明。天文上円周分割から始まり、角度・時間の単位となった。バビロニアでも六十進法が用いられた。

≫続きを読む

 

アムル人

アムル人とはセム系遊牧民。前19世紀に古バビロニア王国を建設した。アモリ人、エモリ人とも呼ばれる。古バビロニア王国のハンムラビ王は有名。アムル人の起源メソポタミア西方に居住。ウル第三王朝時代に、傭兵等としてメソポタミア社会に流入。役人を務めるものもいた。前19世紀には各地でアムル系王朝が成立した。ア...

≫続きを読む