シュメール人を解説。受験やテスト対策など、世界史の学習に使える辞典です。

シュメール人

メソポタミア南部で最古の文明を築いた民族
民族系統は不明で、この地域に多いセム系民族とは外見・文化(言語)が異なった。
前3000年頃から、ウル・ウルク・ラガシュ等多くの都市国家を建設し、青銅器・楔形文字を発展させた。
各都市国家は固有の守護神を持ち、たがいに覇権を争った。

 

シュメール人の暮らし

シュメール人は様々な都市国家に居住し、ジッグラトと呼ばれる神殿の周辺に居住していた。

 

Sponsored Link

関連ページ

アッカド人
世界史の用語辞典です。人物・地名等、世界史に関する用語を幅広く解説。
ハンムラビ法典
世界史の用語辞典です。人物・地名等、世界史に関する用語を幅広く解説。