打製石器を解説。受験やテスト対策など、世界史の学習に使える辞典です。

打製石器

石を打ち砕いて作る石器のこと。石器時代を通じて広く世界中で作成・使用された。
材料には、黒曜石、サヌカイト、頁岩等が使われた。

 

砕いた石に更に磨きを行い、鋭利にする加工を行ったものを、磨製石器と呼ぶ。

 

打製石器_世界史マスター辞典
先端を鋭く尖らせた打製石器である尖頭器。
画像はクローヴィス尖頭器。
(C)アメリカ合衆国 バージニア州連邦政府
転載元:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Clovis_Point.jpg

 

Sponsored Link

関連ページ

アウストラロピテクス
世界史の用語辞典です。人物・地名等、世界史に関する用語を幅広く解説。
ジャワ原人
世界史の用語辞典です。人物・地名等、世界史に関する用語を幅広く解説。
北京原人
世界史の用語辞典です。人物・地名等、世界史に関する用語を幅広く解説。
ネアンデルタール人
世界史の用語辞典です。人物・地名等、世界史に関する用語を幅広く解説。
クロマニョン人
世界史の用語辞典です。人物・地名等、世界史に関する用語を幅広く解説。
周口店上洞人
世界史の用語辞典です。人物・地名等、世界史に関する用語を幅広く解説。