アウストラロピテクスを解説。受験やテスト対策など、世界史の学習に使える辞典です。

アウストラロピテクス

アウストラロピテクス_世界史マスター辞典

人類の最古の祖先であるとされる猿人。約400万年前〜約200万年前に南・東アフリカ地域で生存。

 

「アウストラロピテクス」の意味

 

アウストラロピテクスとは、「南の(Australo-)猿(pithecus)」という意味。アフリカで発見されたため、「アウストラロピテクス・アフリカヌス(Australopithecus africanus)」として、ネイチャー誌で発表された。

 

アウストラロピテクスの発見

 

1924年に、レイモンド・ダートが、洞窟内で動物の頭蓋骨を発見。それが人間とも猿ともつかないものであったことから、人類の祖先であると考えて1925年に学術誌『ネイチャー』に発表。

 

人間とサルの中間とする生物が人類の祖先と主張したため、創造論者から大きな批判を受けた。

 

Sponsored Link

関連ページ

ジャワ原人
世界史の用語辞典です。人物・地名等、世界史に関する用語を幅広く解説。
北京原人
世界史の用語辞典です。人物・地名等、世界史に関する用語を幅広く解説。
ネアンデルタール人
世界史の用語辞典です。人物・地名等、世界史に関する用語を幅広く解説。
クロマニョン人
世界史の用語辞典です。人物・地名等、世界史に関する用語を幅広く解説。
周口店上洞人
世界史の用語辞典です。人物・地名等、世界史に関する用語を幅広く解説。
打製石器
世界史の用語辞典です。人物・地名等、世界史に関する用語を幅広く解説。