人類の祖先を解説。受験やテスト対策など、世界史の学習に使える辞典です。

人類の祖先

人類とは

人類はオランウータンから進化したと考えられている。

 

人類の特徴としては、以下が挙げられる。

 

  • 二足歩行をすること
  • 道具や火を使用すること
  • 言語(または言語に類する文化)をもつこと

 

人類は、800万年から500万年前に、オランウータンから独自の進化を遂げたとされる。

 

猿人

最古の人類である猿人。アウストラロピテクスが有名。
脳容積はチンパンジーと変わらないが、歯並びに人類同様の特徴がみられる。
また、腰骨が現代人類と似ており、直立二足歩行をしたと考えられる。

 

アウストラロピテクスの復元像
アウストラロピテクスの復元像_世界史マスター辞典

 

Sponsored Link

 

原人

次に古い人類は、原人で、およそ180万年前に出現し、脳は猿人の2倍の容積がある。
代表的なものとして、ジャワ原人北京原人がある。

 

原人は野生動物・植物を採取して食料を得て、集団生活を営むんでいた。
石器などの道具も使用しており、北京原人は、洞窟に住み、
火を使用して料理をしたり、暖を取ることもあった。
儀式を行った形跡もある。

 

旧人

旧人は、約100万年前に、アフリカからヨーロッパに移動した原人が進化を遂げて出現した。
代表的なものは、ネアンデルタール人。脳容積は現代人と同等。
彼らは集団でマンモス等の大型の獣を狩っていた。
石器も進化し、食料の幅も広がり、埋葬などの儀式も本格的に行われるようになった。

 

新人

6〜5万年前、新人が登場。クロマニョン人や、周口店上洞人が有名。
多種多様な石器が作られ、細かく鋭い骨角器を作成。(槍、銛、釣り針など)
彼らは集落を形成し、旧人と同様に死者を埋葬するが、集団墓地を作った形跡が残っている。
また、彩色壁画の後も残っており、芸術もこの時代に誕生。

 

前回・次回の記事

先史世界の概要_世界史マスター辞典 氷河期以降の人類の発展_世界史マスター辞典

 

Sponsored Link

人類の祖先記事一覧

アウストラロピテクス

人類の最古の祖先であるとされる猿人。約400万年前〜約200万年前に南・東アフリカ地域で生存。「アウストラロピテクス」の意味アウストラロピテクスとは、「南の(Australo-)猿(pithecus)」という意味。アフリカで発見されたため、「アウストラロピテクス・アフリカヌス(Australopit...

≫続きを読む

 

ジャワ原人

ジャワ原人とはジャワ島のトリニールで発見された原人。オランダの解剖・人類学者のデュボワが1891年〜94年にかけて骨格の一部を発掘。額が現代人と比較して、なだらかに傾斜し、後頭部の骨は突き出している。脳容積は北京原人と同程度の約850〜1220cc。学名は「ピテカントロプス・エレクトス」で、直立歩行...

≫続きを読む

 

北京原人

北京原人とは北京郊外の周口店で発見された原人。学名は「ホモ・エレクトス・ペキネンシス」1927年〜37年の大発掘でほぼ完全な頭蓋骨が発見された。額が現代人と比較して、なだらかに傾斜し、後頭部の骨は突き出している。脳容積はネアンデルタール人よりも少ない850〜1220cc。北京原人はアフリカ大陸に起源...

≫続きを読む

 

ネアンデルタール人

ドイツのネアンデルタールで発見された旧人。ヨーロッパを中心に西アジアから中央アジア・北アフリカにまで分布。1888年時点の最初期のネアンデルタール人の復元図旧石器時代の石器の作製技術を有し、火を積極的に使用していた。骨格は新人に似ており、脳容積は新人と同様の1500t前後のものが多く発見されている。...

≫続きを読む

 

クロマニョン人

クロマニョン人とは南フランスのクロマニョンで発見された新人。1856年に鉄道工事に際して、5体の人骨化石が出土。西南ヨーロッパに分布。クロマニョン人の暮らし洞穴絵画の跡が残っているほか、弓矢を発明したとされる。

≫続きを読む

 

周口店上洞人

北京原人が発見された洞穴の上の、竜骨山の洞穴から発見された。読み方は「しゅうこうてん じょうどうじん」クロマニョン人と同じ新人。北京原人と発見場所は近いが、北京原人は約60〜20万年前の猿人である一方、周口店上洞人は約2万年前に存在した新人という違いがある。周口店山頂洞(C)Mutt転載元:http...

≫続きを読む

 

打製石器

石を打ち砕いて作る石器のこと。石器時代を通じて広く世界中で作成・使用された。材料には、黒曜石、サヌカイト、頁岩等が使われた。砕いた石に更に磨きを行い、鋭利にする加工を行ったものを、磨製石器と呼ぶ。先端を鋭く尖らせた打製石器である尖頭器。画像はクローヴィス尖頭器。(C)アメリカ合衆国 バージニア州連邦...

≫続きを読む