アメンホテプ4世について。受験やテスト対策など、世界史の学習に使える辞典です。

アメンホテプ4世

アメンホテプ4世とは

エジプト新王国 第18王朝の王。在位は前1379年頃〜1362年頃。

 

これまでアモン・アトンの多神教を信仰していたエジプトを、アトンを唯一神とするよう強制した。
これはアモン神の神官の政治介入を排除するためといわれる。

 

また、自らをイクナートン(アトンを喜ばせるもの)と改名し、テル=エル=アマルナに遷都。独自の文化が発生し、アマルナ美術が生まれた。

 

後継者は有名なツタンカーメン王

 

Sponsored Link

関連ページ

海の民
海の民について。受験やテスト対策など、世界史の学習に使える辞典です。